記事の詳細

 


Pikes Peak International Hill Climb
・画期的な長距離対応シート シートコンセプト
・FE250CE(コンパクト・エディション)好評発売中


▼新着情報▼


七月初旬だというのに、お店の周りではセミの声が聞こえはじめました。
ご無沙汰しております。オオサキです。
六月の後半から、
スーパーモト全日本選手権
JEC大阪
WEX栗子国際
パイクスピーク in The US
と、怒涛のレースラッシュ。
オフロードイベントは元スタッフ オオガミおまかせして、
わたくしオオサキは、6/18の福島県エビスサーキット、そして
翌日渡米しパイクスピークインターナショナルヒルクライムのサポートへ行ってまいりました。

今回は、パイクスピークのレポートをお届けします。

Race to the Clouds
雲を目指すレースとして名高いこのイベント。
アメリカのコロラド州にある標高4302mのパイクスピークという、
それはそれは高いお山の頂上を目指し、誰が一番早いかを競う
タイムトライアル形式のヒルクライムレースです。
出場車両は、4輪、クアッド、サイドカー、オートバイ
今年は100周年ということで、世界から選りすぐりのドライバー、ライダー100名が集合。
私オオサキは、76番の伊丹選手にお声がけ頂き、メカニックとしてこのイベントに参加しました。

レース進行については
月曜 車検
火曜~木曜日 公式練習
金曜日 予選 ファンフェスタ
日曜日 決勝
という流れ、
私はスケジュールの都合上火曜日からチームに合流しました。

練習初日は、標高3900mにあるデビルスプレイグラウンド広場をベースに
頂上までのコースを走り、ひたすらセッティングを煮詰めます。
とはいっても、すべてが整っているサーキットレースとは異なり
走るごとに条件が変わる、むしろラリーに近い環境。
なかなかのメカニック泣かせでもありますが、
あらゆる環境を想定したスーパーモトは、本来このような環境に非常に強い!
ということを。改めて実感しました。

ちなみに3000mから上あたりは雪が残る極寒の地…
生き物といえば、苔のような植物とプレーリードッグという
なかなかファンタジックな世界です。
下界から訪れた我々にとっては、セッティングよりも、
正気を保って走るだけでも難しい環境でした。
今まで富士山ですら登ったことのないオオサキですが
さすがにこの標高だと、なんだかいつも足元がフワフワした感じ…

そんな過酷な状態でも、我らが伊丹チームはトラブルもなく、
粛々と予定をこなしていくのですが、
一緒に活動をしていたサイドカーチームの
エンジンがかからず、押しがけのお手伝い。
ドキドキ、ハァハァしながら、早くも高山レースの洗礼を受けたのでありました。
IMG_1001
朝?は、毎日2時起き…日の出から走行開始という、ミラクルなスケジュール。
あくまで公道なので、練習日は一般車両の入らない時間帯を使うので
やむを得ませんが、時差ボケを感じる間もない不思議なサイクルで
一日が終わる、という日が続きます。
正直、体はこの上なく辛かったのですが
何より標高4000mからの朝日をバックに駆け上ってくるオートバイの姿…
もう、この光景が見られただけでも生きててよかったぁ!と思えるぐらい
美しく、神々しいものでした!!

 

IMG_0937

ゲートがオープンとなる8時ごろには走行終了。
9時までにはピットから撤収しなければなりません。
あわただしい時間の合間を縫って、記念撮影…
自分がいる場所が特殊すぎて、現実感がありません。

IMG_1014
さて、3日間のプラクティスは、何事もなく順調に進む…
が、「抑揚のないレースは抱擁のない接吻と同じだ!」
と言わんばかりの伊丹選手。満を持してメイクドラマ発動!
順調に終わるように見えた予選終盤に大転倒を喫し、
フロント周りとツナギを破損…
これが決勝への伏線を生みだす訳です。
長いので次号へ続く…

こちらでもパイクスピークの各種情報がご覧いただけます。
キタ印工房
バイクブロスマガジンズ
ロレンス

WEB CARTOP


▼新着情報▼
「シートコンセプト」社製品取扱開始

ラリーをはじめ、オフロードバイクで長距離を走るときのお尻の痛さは
経験した者でなければわからない
という事で、今回ご紹介するのは、シートコンセプト社の
コンフォートシート

IMG_1249

ご覧のとおり、シート後部の幅が広く取ってあり
ケツ圧を分散し、お尻への負担を大きく軽減します。
IMG_1251

純正のローシートと比べるとこの通り。
中央部はむしろ純正よりも細く、足つきへの影響を極限まで抑え
巡航時の座面をこれまでにないぐらい大きくとっています。
今までシートの材質変更や、GELの入った座布団的なものを
試してみましたが、結局オフロードバイクのシートのお尻の痛みは
ある程度のシート幅がないと解決しないという結論に達しました。
現在アジアクロスカントリーラリーに向けての効果を図るべく
貸し出し中です!
試用ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。


ハスクバーナ東名横浜オリジナルモデルのご案内▼
FE250CE(コンパクト・エディション)発売中』
fe250-90-new-003

FE250 CEとは
身長170cm前後のライダーに合わせてハイト・キャリブレーションを施した
ハスクバーナ東名横浜のオリジナルモデルです!
車両本体価格:1,090,000円(税込)
IMG_9691
FE250CEに各種アクセサリーを取り付けた試乗車もございます。
店長同行の上、オフロードコース等にてご試乗いただけますので
ぜひお試しください。
詳細はコチラから!


▼お知らせ▼

新車・優良中古車・特価車情報

お気軽にお問い合わせください。webにて仮予約のお申込みを受け付けております!

image2

※仮予約とは:
国内入荷数が限られているハスクバーナ各車両を、確実にお客様に車両をお届けするため
仮予約をいただいたお客様から順に本契約のご案内する制度です。
仮予約は、キャンセルが可能です。
2016年モデルはこちらの仮予約フォームからどうぞ★
→2016年モデルは完売モデルが出始めましたのでご注意ください。
★2017年モトクロス、モタードモデルは2017年モデル専用の仮予約フォームをご利用ください★

お申込み、心よりお待ちしております。


▼あとがき▼
IMG_1112
初アメリカでした
慣れ親しんだヨーロッパとも違う
これまた独特の雰囲気。
うーん、世界は広い!!

関連記事

ページ上部へ戻る